カテゴリー「来週の為替相場予想(2008年)」の21件の記事

2008年6月21日 (土)

来週の為替相場

来週の為替相場

やっと、私自身、落ち着きました。もっと長引くのかなって思いましたけどもこんなに早く相場が見れるとは、思いませんでした。

これは、何より私自身が早く相場を見たいと思う気持ちがつながったと思います。

ところで、水曜からの取引はしてません。どんな状況だったかも分かりません。あえていうなら、まだ、心機一転初めての気持ちでやっていきたいと思います。

それでは、来週の為替相場ですが、なぜか画面が保存できないので、口で言いたいと思います。

それでは、ドル円ですが、4時間足で、雲に隠れています。これが、どう乗り越えるか。それに注目していきたいと思います。目先は、106円55銭辺りまで、下がると予想しております。その後、どうなるか、ただ、雲に隠れている以上、どちらに向かうか楽しみです。

ユーロ円に関しましては、難しい判断でありますが、4時間足での判断であれば、まず、雲にぶつかなければ、そのまま上昇していくかもしれません。

ボンド円に関しましては、1時間足での相場を見たときに、ちょうど、雲に隠れ、下値を拾っているように見えます。今後は、まず、4時間足での雲まで、下がると予想しております。ですので、211円辺りまでは、下がると予想しております。

今回は、これだけですが、今後は、もしかすると、画面は出さないかもしれないので、ご了承ください。

それでは、来週の水曜日にまだ、報告いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

来週の為替相場予想

来週の為替予想

まず、取引状況ですが、今回は、一方的にドル高になりました。ただ、金曜の夜は、下がりました。
前回のブログでドル円が上がると言っていましたが、本当に上がるとは、思いませんでした。経済指標の発表も良かった結果、上がったと見られます。

ただ、108円台では、ドル売りの話が来ておりますので、なかなか上値を重くしてしまうかもしれません。

今回は、どれを取引したかは、書きません。ただ、ドル円ぐらいです。ずっと持ち続けておりまして、数量は、3です。あとは、106円台後半からポジションを維持しておりまして、あとは、想像に任せます。106円台から108円ジャスト×3で計算してもらえれば、そのとおりです。ただ、水曜で、多少、マイナスになってしまったところもありましたが、ポジションを維持して、最終的には、プラスです。

さて、来週は、どうなのか?まず、少し、左のサイドバーで写真がなぜか載せられないトラブルがありまして、そちらには、載せておりません。ですが、拝見した頂いている場所に載せました。

来週は、ドル円は、下の写真を見ていただければ分かりますが、黄色いサポートラインから崩れる可能性があるかもしれません。そして、上かもしくは、下に下がるかもしれませんし、よく言えば、もみ合いに相場になる可能性もあるかもしれません。

Photo

私は、ここ最近、上がり気味だったので、下がるとは、予想しておりますが、悪い数字が出てもドルが買われることは、いいことなのか?騙しなのか?少し不安でありますが、ロスカットは必ず活用し、売りにしてみたいと思います。ただ、変化した場合には、ドルを買うかもしれません。

また、ユーロ円に関してももみ合い相場なので、上に行くのか下に行くのか?それにより、取引してみたいです。下の写真は、ユーロ円です。

Photo_2

ボンド円も同じく、考えていきたいと思います。下の写真で

Photo_3

ところで、今回は、ある人が話した言葉を書きたいと思います。

君よりも苦労して
がんばっている人がいるんだから
君もがんばれ、
なんて言葉は無意味。 

この言葉、本当に無意味だと私は、思います。だって、誰かが頑張っているから自分も頑張ると思っても仕方がないと思います。たしかに、誰かが頑張っているから自分も頑張ろうと思うかもしれませんが、人に言われて、活動しようとすると、無意味だと思いませんか?

なんだか、まんまと騙されて活動しているように感じているからです。

いわゆる、本人はストレスが溜まるばかりだと思います。下手すると、違う危ない方向に行ってしまうかもしれないからです。私も言われたときもあります。何で、人と張り合わなければいけないのか?もちろん、張り合うことは、いいかもしれませんが、ただ、どこかで、後悔してしまうことがあるからです。私は、本当にこの言葉、大嫌いです。

自分は自分なりにやっていく。そこで、何かに気づいたら、その時に頑張る。そうやって、人間って生きていくのでは?成長していくのでは?

世の中は、悪魔です。ひとつひとつの言葉が、自分にとっても相手にとっても受け止めてしまうときがあるからです。

ところで、この時期、ボーナスの話が出ております。みなさんは、どうですか?もらえない人ももらえる人もいるかもしれませんが、この不景気にボーナスをもらえるのは、まだまだ、日本は、平和ですね~~。

みなさん、何に使いますか~~。

私だったら、高級なホテルに一泊して、その島を満喫して、使ってみたいですね~。テレビでよく、贅沢に使う人がいますが、私もお金があれば、贅沢してみたいです。

世の中どうなのかな~ 、空を見ても何も変わらない(笑)

また、疑問がありましたら、遠慮なく、コメントやヤフーアドレスにメールして頂ければ、できる限り、答えていきたいと思います。

ヤフーアドレスメールは、下記になります。
mitakirann67@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

来週の為替相場予想

来週の為替予想

まず、水曜からの取引なのですが、前回のブログで言いましたようにいずれも日足サポートラインからは、ぶつかり、上がりました。これを見逃さなかった人は、利益を上げられたのではないかと見ています。

私自身はどうだったのか?無理でしたというより、乗り遅れました。日足サポートラインが重要なことも、そこから、ぶつかり、上がることも分かってはいました。だが、そのとき、一方的に上がってしまい、気づいた頃には、106円台に入っておりました。だが、昨日のアメリカの経済指標で悪い数字が出たため104円台まで下がりました。相場にいろんなことがあり、残念ながら乗り遅れ取引はしておりません。

今回は、0です。何もしてません。

さて、来週の相場ですが、ドル円では、まず、日足で見ても上昇トレンドに入っておりますが、今後、一旦、また、左のサイドバーで見てもらえると分かりますが、日足チャートが重要かもしれません。とにかく、106円台後半を越えた時点では、目先は、108円台方面ですが、とにかく、週足などのレジスタンスラインを超えられるか?超えられれば、いいのですが、来週は、106円台に注目して取引してみたいです。ドル円相場、左のマイフォトの写真に貼り付けておりますので、参考になるかは分かりませんがご覧ください。

また、ユーロ円やボンド円に関しても写真に貼り付けておりますので、ご覧ください。文章は、すべて、写真を見てもらえれば、分かります。

ところで、来週の相場には、先日のブログで言いましたが、もしかすると、この2週間、いわゆるあと、1週間で相場が上に行くか、下に行くかが分かるのではないかと見ています。私の予想では、とにかく、ユーロ円以外は、ドル円とボンド円に関しては、週足チャートで見ている限り、上から高値の線を引いてレジスタンスラインを引いてみればご存知ですが、それを乗り越えれば、買いと判断したいのですが、プラスの材料なるものが表れるまでは、なかなか上値も重いかもしれません。

写真を拝見してみてください。

また、疑問がありましたら、遠慮なく、コメントやヤフーアドレスにメールして頂ければ、できる限り、答えていきたいと思います。

ヤフーアドレスメールは、下記になります。
mitakirann67@yahoo.co.jp

では、お待ちしております。それでは、よい週末を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

来週の為替予想

来週の為替予想

まず、水曜からの取引状況です。

今日は早めに報告いたします。

今回は、前回のブログでは、金曜日までの相場は分からないと言っておりましたが、相場自体はっきりしない相場でしたが、皆さんが注目しているかもしれないドル円の105.70が本格的に超えるとなると、次の定位置は108円台に入るのではないかと見ています。

よって、今回の取引は、

・ドル円 104.83買 → 105.70売 プラス
・ボンド円 207.90買 → 208.30 プラス

だけです。あまり取引してもそのままドルが買われるとみて、2日間ぐらいポジションを持っておりました。
最終的には、今回の利益は、数量を増やし取引しまして、8万1600円です。とりあえず、結果オーライと見ています。

これは、良しとし、来週の相場なのですが、
まず、6月に入ります。6月は日本にとって悪魔です。6月からは、ガソリンが170円台まで高くなります。相場に関係はないかもしれないと思いますが、立派に関係します。会社も倒産せざるを得なくなるのではないかと見ています。ガソリンが高くなるとドルが売られるかもしれません。ユーロドルに関しては、上がる可能性もあります。

来月、いや、来週から、ドル円の週足の相場を見てみると、ちょうど下降トレンドのレジスタンスラインにぶつかっております。これを乗り切れるのか。乗り切れた場合には、108円台まで上がるかもしれません。ただ、ぶつかり、下がった場合には、当分、ドルが売られる可能性もあります。まずは、この2週間、集中して相場取引を疲れるかもしれませんが見ていくしかありません。

ユーロ円関しては、28日の安値の163.09を下回って場合には、売られるかもしれません。また、これも気をつけてください。週足でのレジスタンスラインにぶつかるかもしれません。これにより、どう動くか。楽しみです。

ボンド円に関しては、4時間足でのサポートラインに注意しましょ。水曜までは、売られる可能性もあります。

それでは、気をつけて来週は、相場に入っていこうと思います。

以下は、ある人が残した偉大な言葉です。

鋭さを面にあらわして歩いているような男は才物であっても第二流だ。

  第一流の人物というのは、少々、馬鹿にみえている。


う~ん、何かしっくり来ない言葉でありますが、これは、社会人になったときやお金を頂いて天狗になっている方に申したい言葉でもあります。これは、いくら、自分が偉いと思って、才能があるとしても一流は、もっと努力して一流になっている。私が言いたいのは、せっかく、才能があるのに持ち腐れで、そのままにしておくのではなく、才能があるならそれを生かすことも大切なのでないでしょうか?いわゆる宝の持ち腐れにならないようにしてほしいです。世の中サラリーマンたちにとって、自分の才能ってなんですか?これを生かすことも大切なのでは?もちろん、仕事をやるなとはいいません。仕事だけではなく、趣味で才能を生かすこともいいのでは?

私も、体が疲れても、日本のために会社のために、そして、自分のために日々考えながらできるだけ努力だけはしていたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

来週の為替相場予想

来週の相場予想

まず、今週の水曜からの取引状況ですが、木曜の夕方からすごい激しい動き方をしまして、他の皆さんも気づいたかもしれませんが、私は、その時、家でたまたま夕食を食べながらパソコンを見ていました。

突然動き出したので、何があったのか分からないまま取引をしまして、利益を確定しました。木曜の夜は、仕事よりも倍以上疲れたかもしれません。

・ボンド円 203.59買 → 205.95売 プラス
・ユーロ円 163.00買 → 163.30売 プラス
・ドル円 103.03買 → 103.80売 プラス
ユーロ円 163.60買 → 163.40売 マイナス

利益は、11万ぐらいでした。今回は、取引数よりも数量で勝負してみました。

来週は、原油など資源価格の高騰でインフレへの警戒感が強まる一方、米景気後退の不安があります。米連邦準備理事会(FRB)の金融政策の方向性を見定めにくい局面で、最近の値動きの範囲を上下ともに抜ける可能性はあるのか!?

 前週は21日にニューヨーク市場の原油先物相場が過去最高値の1バレル135ドル台まで上昇しました。1週間で約10ドルという急ピッチに上昇した。「米景気の下押し要因になる」との見方から1ドル=102円台後半まで円高・ドル安が進む局面もあったが、市場関係者が注目する来週の材料は27日発表の5月の米消費者信頼感指数だ。ガソリンなどの値上げで消費者の景況感が悪化すれば、米経済のエンジンである個人消費の先行き警戒感が強まってドル売りを誘う可能性がある。ただ円高に振れる局面では、輸入企業の売り・ドル買いも見込まれ、円の上値を抑えそうである。

それは良しとして、来週ですが、テクニカル分析はどうなのか。

まずは、ドル円ですが、まず、下値102.60銭ですが、近い下値から支持線のように線を引きまして、これがどうなるか?また、4時間足でのレジスタンスラインではるかに超えるか?超えた矢先には、近値の105.68でまず、落ち着くか?ドル円では、このように考えていきます。図は出ていませんが、皆さんも実際に考えてくれるかもしれません。以下も同じく

ユーロ円に関しましては、162.59を下回るか?それしか考えてません。

ボンド円に関してましては、203.59に注目します。ただ、204.73が下回りました。また、ボリンジャーバンドで中心が204.73を下回れば、なんとか売りと考えていきたいです。

話は変わりますが、以前、更新をしていた名言を伝えたいと思います。

失敗は人を傷つけはしない。

失敗を恐れる心が人をだめにするのだ。

この言葉いいですね~。仕事をしている人も人生失敗している人もなかなか自分の思う通りにいかなくて、傷をつけてしまう人もいると思います。
皆さんにとって心にグッと来る言葉ですね~。今後も暇なときには、更新いたします。

また、もうひとつ、以前ある人が作った言葉が目に付きまして皆さんにとっても涙があふれる言葉なのでないかと思い書きました。それは、

完璧

善いじゃない

できなくたって

完璧にできなくったって

いいじゃない

無理しないで

自分らしく

人間、そんなに完璧じゃない

できなかったとき、

その時こそ

心の花が咲く

大きくて、やわらかい花を咲かせたい

こちら、私が、仕事でプレッシャーなどに追い回されたり、いろんなストレスに疲れたとき、自殺したいときもありました。そんなとき、ふと、この言葉を思い出し、以前、涙が出たときがありました。ひとつひとつやっていこうと思い始めましたね~。うん、この言葉、一生忘れないかもしれないですね~。

みなさんはどうですか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

来週の為替相場予想

来週の為替予想

まず、今週の取引状況ですが、
・ドル円 104.89売 →104.58買 プラス
・ボンド円 203.84売 → 203.45買 プラス
・ボンド円 203.50売 → 203.70買 マイナス

であり、利益は、1万2000ぐらいです。あまり、取引しませんでした。
来週は、集中して取引してみたいところです。

さて、来週なんですが、アメリカのドルは21日に公開される4月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録、ユーロは20日の5月独景気期待指数や21日の5月独IFO業況指数が注目を浴びているのではないかと見ています。

それにより、相場が動くと予想されますが、各自それぞれ調整されてから動くと思います。
ですので、来週の相場は!

まず、ドル円ですが、104.23を超えるか!?超えた場合には、104.60まで上がるか?もし、仮に104.23を超えられず、そのまま下がった場合には、103.61まで下がるかもしれない。ただ、日足では下がってもいいぐらいだが103.65を本格的に下回った場合には、売りと考えてみたいところだが、FOMCのこともあり、動きづらいところもあるかもしれない。

ユーロ円は、162.36161.50をどちらか超えるか!?越えた際には、前者では、出口があり、162.83辺りまでは、上がるかもしれない。ただ、本当にそうなった場合には、神様だが、そうなるかは、材料が必要だろう!!後者では、160.85まで下がるか?4時間足で見て、5日移動平均線が25日移動平均線より下回われば、下がるかもしれないが、どうなるかは、分からない。

ボンド円に関しましては、ちょっと自信がないが、1週間だけを考えると日足で5日移動平均線が25日移動平均を上回り、尚且つ204.81を上回り、日足のレジスタンスラインを上回れば、買いで考えてみたいです。

とりあえず、いずれも月曜日は、様子を見て相場を見下ろしてみたいと思いますし、上記の内容などが出てくればチャンスかもしれないので取引してみたいとは思いますが、どうなるかは分からないので、その時その時で出口を探して、相場の取引をしてみたいです。

以下は、私のおすすめの本などです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

来週の為替相場予想

来週の為替予想

まずは、今週の相場状況ですが、

・ボンド円 205.47売 → 202.70買 プラス
・ユーロ円 160.59売 → 159.30買 プラス
・ドル円 104.58売 → 103.80買 プラス
・ドル円 103.35売 → 103.06買 プラス
ボンド円 202.49売 → 201.42買 プラス

以上です。今回はチャンスだっため、多めに数量を増やし、取引してみました。上記に記載さえておりませんがマイナスも含め、利益は、プラス228.500です。結果オーライです。

さて、来週は、相場を見てみますと、最近、アメリカの情報も考えるのがめんどくさくなってきましたが、ただ、経済指標の時間にだけは気をつけて相場をしていきたいと思います。
今後は、テクニカル的に考えて全体的に見て、更新いたします。

それでは、まず、ドル円ですが、ドル102.76を下回るか!? 下回った場合には、目先は、100.80!?まで下がるのか?これでは、下がりすぎでもありますが、私は、とりあえず、このように考えています。ですから、基本は、売りで考えていきますが、相場状況では変えていきます。

また、ユーロ円に関しましては、159.13を下回るか?下回わった場合には、目先は、月足でサポートラインを引いて見ましたが、157.38辺りまでが怪しいと思います。これ以上下がった場合には、下げすぎといわざるを得ないかもしれませんが、相場状況によって変えていきたいと思います。

ボンド円に関しては、少し、面白い相場が見れているかもしれません。いわゆる、201.04を上に上がったときには、1時間足で引いて見ましたが、レジスタンスラインにぶつかるのではないかと見ています。もし、レジスタンスを超えた場合には、202.54辺りが怪しいと思います。
もし、仮に、199.82より下がった場合には、下がった後は、出口がないように見えますが、もし、下がった場合には、196台ボンド円を考えています。

以上でテクニカル的に考えてみましたが、はっきり申しますとこのようになるとは思いません。いずれも下げすぎでもありますし、その時その時で取引できればと思います。

また、いずれも相場分析の画像を3つ左の画像に入れておきましたのでご覧ください。次の更新は、水曜日にいたします。
もし、仮に皆様が毎日夜、更新して欲しいという要望があれば毎日できれば更新いたします。その時には、上記のメールかコメントでお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

来週の為替予想

来週の為替予想

まず、今週ですが、思ったよりは、難しくはなかったです。テクニカル分析でドル円は、上がると予想していたからです。ただ、万が一のためにロスカットは、入れておりましたが、多少は、負けましたが、最終的には、勝ちました。しかし、水曜から金曜は、相場をする上で汗をかきました。以下、相場の状況です。

・ボンド円 208.25売 → 207.99買 プラス
・ドル円 104.90買 → 105.50売 プラス
・ボンド円 205.29売 → 205.18買 プラス
・ユーロ円 161.13売 → 160.95買 プラス
・ドル円 103.98売 → 104.14買 マイナス
・ドル円 104.81買 → 104.63売 マイナス 取引順番は逆になりましたが、トータルでは、利益を得ました。

前と合わせますと、プラス、5万円は稼ぎました。これで、GWを楽しめるかなとは思いますが、どこに行っても混雑しているので、私は、月曜から、昨日からは、家でのんびりしていました。ただ、GWの後半は、月曜と火曜日は、どっかに一人で旅行に行きたいと思います。静かなのんびりしたところへ為替相場も忘れそうなところへ出かけようと思います。今のところは、秋田県の男鹿半島へ行ってみようと思います。ゆっくりのんびりして、充電して、為替相場に乱入したいと思います。もちろん今は、取引状況もスクエアにして行きたいと思います。ただ、あいにく東北は、後半は、天気が崩れるという話ですが、ゆっくりできればそれにこしたことはないです。

ですので、月曜と火曜日は、何があろうと取引はしません。マイパソコンも持ってはいきません。
ですので、来週の水曜から本格的に取引に乱入してみたいと思います。

ところで、今週の円相場はドルの買い戻しが進みやすい展開が続く模様だと思います。米連邦準備理事会(FRB)が政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の引き下げを当面見送るとの見方が強まっており、予想は1ドル=104―107円台に集中してみたいと思います。

 FRBは4月29―30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明文で「下振れリスクはなお残る」という従来の文言を削除し市場では「利下げが打ち止めとなった」ととらえる参加者もおり、ドル買いが進みました。2日の海外市場では、米雇用統計が市場予想を上回ったことをうけ、ドルは2カ月ぶりに105円台後半まで上昇しました。 米サプライマネジメント協会(ISM)が5日、4月の非製造業景況感指数を発表する。1日発表の製造業に続き市場予想を上回れば、ドル買いの機運が高まるとの声もあり、私も取引はしたいのですが、たまに相場から離れています。
ただ、月曜の動きとしては、たぶん、初めは、上がるかもしれませんが、4月の非製造業景況感指数までは、調整が入るかもしれないので、そんなには、上がらないと思います。せいぜい、105円70銭辺りまで上がるが、あとは、指標でどのように動くかだと思います。

それでは、GWみなさん楽しみましょ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

来週の為替予想

来週の為替予想

まず、今週の相場取引報告をいたします。

水曜のブログを除いて、水曜から金曜までを報告します。
・$103.49買 → 104.31売 プラス
・$104.31買 → 103.88売 マイナス
・€ 163.29売 → 162.90買 プラス

以上です。 今週のトータルで4万ぐらいです。

木曜日と金曜日の相場は、意外と難しいところがありました。なかなか神経を使う相場だったように見えます。

ところで、来週は、ユーロを中心に取引して行きたいと思います。

まずは、ドル円ですが、来週は29、30日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される。市場は0.25%の利下げを織り込んでいるが、今回で米連邦準備理事会(FRB)は当面、利下げを休止するとみられている。ですので、インフレを警戒し利下げを様子見する姿勢が伝われば、日米金利差の縮小がいったん止まるとの観測からドルを買い戻す動きが強まる可能性もあるので、ドルが買われるかもしれません。
ですので、ユーロを中心に取引したいと思いますので、ユーロは対ドルで売られるかもしれません。しかし、重要な米経済指標の発表もあります。30日発表の1―3月期の米国内総生産(GDP)や5月2日発表の4月の米雇用統計が市場予想を大幅に下回れば、米景気の後退局面入りの現実味が増し、ドル売りが再開するかもしれません。そうなると、ユーロは対ドルでまだ、買われる場面が出てくるかもしれません。

私は、とりあえず、上記に気をつけながら、ここ最近、ドルが難しくなっておりますので、一旦、ドルから離れて、ユーロに目を向けてみたいと思います。

とりあえず、来週は、ゴールデンウィークでもありますので、円を売ってドルを買うかもしれません。
ドルは、アメリカの情報を無視すれば、ドルは、買われるかもしれませんし、正直、どうなるか。月曜日相場を見てみたいと思います。
本当に今は、ドルが難しくなっております。みなさんは、ドルを買い戻すかもしれないとか言っておりますが、どうなるのか?

次回は、水曜日の夜です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月20日 (日)

来週の為替予想

来週の予想

来週の外為市場は、29―30日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、ドルは足元で底堅い値動きとなるのではないかと見ています。
 メリルリンチなど米金融機関の決算内容が予想ほど悪化しておらず、信用不安が遠のき、週明けもドルは堅調との見方が出ているが、米経済指標が悪化したり原油価格が上昇する場合には、ユーロが強まるものの、欧州中銀(ECB)当局のユーロ高への警戒感が増す中で、市場参加者のユーロ買いに慎重さが出ているのも一つである。

また、経済指標によりますと、24日に集中しているかもしれません。ユーロに関しては、4月独IFO業況指数が小幅低下が予想されており、ユーロの上値を抑える形になるかもしれません。逆にアメリカは、3月米耐久財受注(24日)、3月米新築1戸建て住宅販売(24日)など、いずれも前月からの悪化があるかもしれません。

ですので、24日は、集中して取引すべきだと思います。

ただ、水曜日に一度、更新いたしますが、まずは、水曜までは、21日のアメリカの決算発表に注目し、取引していきたいと思います。

私は、とりあえず、基本は、ドル売りですが、先週のようにいい感じであれば、ドルを買いたいと思います。テレビのニュースでは、「ドルを売る形になるのでは」と言ってはおります。
ますは、月曜日、東京時間どのように動いてくるのか?それ次第で取引していきます。とりあえず、4時間足では、ドル売りと見ています。

最終的には、ドル円102円~104円70銭辺りで取引されると思います。
ユーロ対ドルは、、1.5849を超えれば、ユーロ買いかもしれません。それにより、ドルは、下がるかもしれません。

基本は、ドル売りです。小さめにロスカットを入れて、思わずな方向に言ったら、ドルを買う形にしていきたいと思います。もしかすると、先週のように、このまま、ドルを買う形になるかもしれません。ただ、一方的にドルを買う形にはならないと思いますので、どこかでは、ドルを売る形になるかもしれません。とりあえず、取引できたら、ロスカットは忘れないで、利益を何とか確定したいです、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧