« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

為替予想報告

為替予想報告

まず、月曜から現在までの取引状況です。まったくこの期間は、月曜から火曜日は、なかなか動かない状況であったため、難しかったです。これからは、こういったはっきりした場面は、取引はしないことに決めました。ただ、昨日の夜の動きはすごかったです。少しマイナス的になりましたが、結果はオーライとなりました。本日は、朝から多少、寝不足ぎみでした。

・ボンド円 208.35売 → 208.18買 プラス
・ドル円 104.43売 → 104.27買 プラス
・ボンド円 107.81売 → 208.03買 マイナス 
・ドル円 104.11売 → 103.82買 プラス
・ドル円 103.77売 → 103.35買 プラス 
・ユーロ円 162.73売 → .161.56買 プラス であります。利益は、約3万位です。
しかし、先日のブログではユーロを中心に取引したいと言っておりましたが、本能的にドル円で取引してしまいました。また、買い戻すかもしれないと書いておりましたが、幸い、相場を見て判断し、売りに転じました。たぶん、上値を重くしており、一旦、ドルが売られているのではないかと見ています。

ですので、今後は、経済指標もありますので、注意するなりして、取引をしていきたい思いますが、本日の夜は、皆さんご存知かもしれませんが、FOMCのお話がありますので、朝の下げは、これに向けての調整だったのかもしれません。
経済指標までは、ドルを買い戻すかな?なかなか判断ができませんが、気をつけて取引してみたいです。

そして、利益を大きく、損を小さくなるように取引していきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

来週の為替予想

来週の為替予想

まず、今週の相場取引報告をいたします。

水曜のブログを除いて、水曜から金曜までを報告します。
・$103.49買 → 104.31売 プラス
・$104.31買 → 103.88売 マイナス
・€ 163.29売 → 162.90買 プラス

以上です。 今週のトータルで4万ぐらいです。

木曜日と金曜日の相場は、意外と難しいところがありました。なかなか神経を使う相場だったように見えます。

ところで、来週は、ユーロを中心に取引して行きたいと思います。

まずは、ドル円ですが、来週は29、30日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される。市場は0.25%の利下げを織り込んでいるが、今回で米連邦準備理事会(FRB)は当面、利下げを休止するとみられている。ですので、インフレを警戒し利下げを様子見する姿勢が伝われば、日米金利差の縮小がいったん止まるとの観測からドルを買い戻す動きが強まる可能性もあるので、ドルが買われるかもしれません。
ですので、ユーロを中心に取引したいと思いますので、ユーロは対ドルで売られるかもしれません。しかし、重要な米経済指標の発表もあります。30日発表の1―3月期の米国内総生産(GDP)や5月2日発表の4月の米雇用統計が市場予想を大幅に下回れば、米景気の後退局面入りの現実味が増し、ドル売りが再開するかもしれません。そうなると、ユーロは対ドルでまだ、買われる場面が出てくるかもしれません。

私は、とりあえず、上記に気をつけながら、ここ最近、ドルが難しくなっておりますので、一旦、ドルから離れて、ユーロに目を向けてみたいと思います。

とりあえず、来週は、ゴールデンウィークでもありますので、円を売ってドルを買うかもしれません。
ドルは、アメリカの情報を無視すれば、ドルは、買われるかもしれませんし、正直、どうなるか。月曜日相場を見てみたいと思います。
本当に今は、ドルが難しくなっております。みなさんは、ドルを買い戻すかもしれないとか言っておりますが、どうなるのか?

次回は、水曜日の夜です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月23日 (水)

為替予想報告

為替予想報告

まず、月曜から現在までの取引状況を報告いたします。

・$103.34売 → 103.16買 プラス
・$102.99売 → 103.10買 マイナス
・ € 164.36売 →163.68買 プラス

以上です。利益は、プラス 22500円ぐらいです。

昨夜からドル円を中心に、まったく動いておりません。ですので、なかなか相場も難しかったです。

今後は、まず、今夜は、ドル円103円30銭を超えるか、超えないかで、相場が分かる予感もしますが、本日の夜は、あまり動かないと言ってもいいと思います。

基本は、明日の24日の経済指標でどのようになるかなので、それに向けての相場になるため市場もあまり動かしたくはないのではないかと見ています。

基本的には、ドル売りと考えていますが、明日の発表でどのようになるか楽しみですが、ここでは、気をつけて相場に挑みたいです。
まず、昨夜は、何も取引しないと思います。明日、相場に遅れないようにしながら取引してみたいと思います。遅れたら遅れたで仕方がありませんが、相場はどちらにせよ消えませんので、なんとか明日の発表のときには、乗ってみたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

来週の為替予想

来週の予想

来週の外為市場は、29―30日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、ドルは足元で底堅い値動きとなるのではないかと見ています。
 メリルリンチなど米金融機関の決算内容が予想ほど悪化しておらず、信用不安が遠のき、週明けもドルは堅調との見方が出ているが、米経済指標が悪化したり原油価格が上昇する場合には、ユーロが強まるものの、欧州中銀(ECB)当局のユーロ高への警戒感が増す中で、市場参加者のユーロ買いに慎重さが出ているのも一つである。

また、経済指標によりますと、24日に集中しているかもしれません。ユーロに関しては、4月独IFO業況指数が小幅低下が予想されており、ユーロの上値を抑える形になるかもしれません。逆にアメリカは、3月米耐久財受注(24日)、3月米新築1戸建て住宅販売(24日)など、いずれも前月からの悪化があるかもしれません。

ですので、24日は、集中して取引すべきだと思います。

ただ、水曜日に一度、更新いたしますが、まずは、水曜までは、21日のアメリカの決算発表に注目し、取引していきたいと思います。

私は、とりあえず、基本は、ドル売りですが、先週のようにいい感じであれば、ドルを買いたいと思います。テレビのニュースでは、「ドルを売る形になるのでは」と言ってはおります。
ますは、月曜日、東京時間どのように動いてくるのか?それ次第で取引していきます。とりあえず、4時間足では、ドル売りと見ています。

最終的には、ドル円102円~104円70銭辺りで取引されると思います。
ユーロ対ドルは、、1.5849を超えれば、ユーロ買いかもしれません。それにより、ドルは、下がるかもしれません。

基本は、ドル売りです。小さめにロスカットを入れて、思わずな方向に言ったら、ドルを買う形にしていきたいと思います。もしかすると、先週のように、このまま、ドルを買う形になるかもしれません。ただ、一方的にドルを買う形にはならないと思いますので、どこかでは、ドルを売る形になるかもしれません。とりあえず、取引できたら、ロスカットは忘れないで、利益を何とか確定したいです、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

為替予想報告

予想報告

まず、来週の相場は、土曜か日曜に更新いたします。

今回は、取引状況だけを更新したいと思います。

水曜から、新たに取引しました。
水曜日のブログでは、ドル売りと予想していましたが、決算発表が意外といい数字だっために、そして、100円60銭あたりで、ドル売りを考えていましたが、結果、そこまで下がらず、ドルが買われたので、ドルを買う方向に取引しました。

以下取引状況です。

・ドル100円80銭売 → 101円20銭買  マイナス
・ドル102円53銭売 → 102円70銭買  マイナス
・ドル101円58銭買 → 104円10銭売  プラス(チャンスだっために多めに取引金額をしました)今回は、プラス5万4000円です。合計は、約8万円です。

あとは、今週の取引は、終りです。あとは、静かにしております。

とりあえず、今の取引報告を報告しました。来週の相場予想は、土曜か日曜に報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

為替予想

今後の為替予想

まず、月曜から現在の取引状況ですが、

・ドル100円85銭買 → 101円73銭売 プラス
・ドル101円45銭売 →  101円70銭買 マイナス
・ドル101円65銭売 → 100円95銭買 プラス

です。利益は、プラス2万6千ぐらいです。

今後どのような展開になるのか。とりあえず、まとめてみました。

まず、昨日の決算発表、意外と悪い数字にならなく、ドルが買われてしまいました。これにより、私は、気づいたときに取引をし、利益を確定しましたが、まさか、ドルが買われるとは思いもしませんでした。
ですので、今後、金曜日までの決算発表が少し、不安に思いますので、樋引きをする際には、慎重にしていきたいと思います。

まず、本日は、先ほど、取引もして、利益が出たので、取引がチャンスのときは、取引しますが、昨日のことがあると大変なので、様子を伺いながら取引していきます。

今後も、とりあえずは、基本は、ドル売りです。100円60銭辺りまで、本格的に下がったら、考えて見ます。

ここ最近、相場も難しくなってきております。できるだけ、慎重にやることだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月13日 (日)

来週の為替相場

来週の為替相場

先週は、前のブログの続きで、あれから、2回ほど、取引をしました。いずれもプラスで利益を上げました。

・$100円96銭売 →$100円16銭買 プラス
・$100円50銭売 →$101円80銭売 プラス

前をプラスして、合計6万ぐらいは利益を上げられました。

さて、来週の為替相場ですが、まずは、主要企業の決算発表ラッシュ。15日にインテル、16日にJPモルガン・チェース、イーベイ、17日にメリルリンチ、グーグル、18日にシティグループが予定されており、また、経済指標も14日に3月の小売売上高、16日に地区連銀経済報告(ベージュブック)、3月の住宅着工、同鉱工業生産、同消費者物価指数と目白押しだ。インフレ圧力に対する懸念が強まっているだけに、発表内容次第では相場が乱高下する可能性もある。

だが、11日の7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議が市場安定化に向けた連携を確認し、金融不安への懸念はとりあえず、和らぎそうですが、米系企業の決算発表を控え、依然として警戒感があります。 G7会議の共同声明は為替相場について急激な変動を懸念するとしたが、ドル買い戻しが出てくるとは考えられません。

ですので、来週も基本は、ドル売りで取引していきたいです。

ただ、サプライズニュースが入ったら、ドルが買われるかもしれませんが、103円50銭から104円には、輸出企業のドル売りが多発しておりますので、これが、本格的に超えるまでは、基本は、ドル売りで取引をしていったほうが無難です。

ただ、すぐにドルを売るのではなく、様子を伺ってから取引をしたほうがよろしいかと思います。

来週の動きとしては、$103円00~98円で取引されると思います。

これから、週の間、いわゆる、水曜日の夜には、今の取引状況とこれから週末まで相場がどうなるのかなど、水曜日に、中間発表みたいなものを更新していきたいと思います。

ですので、水曜日、土曜日曜には、必ず、更新していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

連絡

連絡

ココログの画面が変わりました~

桜に変わります。

これからも、頑張って更新いたします。

拝読宜しくお願いします。っていっても、土曜か日曜しかできなくて残念です。

拝読されている方から、毎日更新して欲しいという方がいらっしゃったら、遠慮なくコメント、メールに入れてください。多ければ多いほど、頑張って更新したいと思います。

ところで、本日までの取引なんですが、

・$102円09銭買 → 102円68銭売 プラス
・$102円38銭売 → 101円50銭買 プラス
・AUD/JPY 95円54銭売 →94円80銭買 プラス

です。                         +44.200円です。

以上が今の取引まとめです。まだ、明日までは、ありますが、とりあえず、今夜の取引は、チャンスのときは、取引しますが、それ以外は、しません。
先ほど、一気に101円の前半まで下げてきましたが、どこまで下がるか、分かりません。無理して、売りに仕掛けても仕方がないので、ロンドン市場を見ながら、取引してみます。たぶん、本日は、明日に向けて、そして、来週のアメリカの決算発表に向けて、調整が行われるのではないかと見ていますので、とりあえずは、買いかな…。だけど、基本は、売りで考えます。

それでは、土曜か日曜日まで頑張りましょ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

来週の為替相場

来週の為替相場予想

まず、先週の取引結果ですが、全体的に見て、マイナスでもなくプラスでもなくゼロでした。

・$100円20銭 買→101円30銭 売 プラス
・$101円50銭 買→102円70銭 売 プラス
・$102円40銭 売→102円65銭 買 マイナス

でした。利益が上げられましたが、だいたいは、ゼロです。

ところで、来週の為替相場ですが、まずは、基本的には、$99円~103円台で取引されると予想しております。ただ、現在は、101円45銭辺りで取引されていますので、週末の7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン)のほか、主要国の金融政策をにらみながら相場が動くかもしれません。

そして、先週末の3月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数が3カ月連続で減り、米景気の後退懸念が強まりました。G7では米景気の分析などが主要議題になるかもしれません。米国をはじめ世界景気の先行きにどんな会議出るのか楽しみです。

また、日銀は8、9日に金融政策決定会合を開く。1日発表の企業短期経済観測調査(短観)で企業の景況感が大幅に悪化しまして、どのような景気認識を示すかが注目される。日銀総裁が正式に決まれば、市場に安心感をもたらすかもしれません。

よって、まずは、99円~103円台ですが、現在の取引を考えますと、まずは、前半は、どちらかというと、ドルが買われるかもしれません。そして、後半は、ドルが多少、売られ、G7に向けて、調整されるかもしれません。ですから、G7の結果は、あまりきにせず、それまでの間の取引だけに集中します。無理して、ポジションを置いても仕方がありませんので、まずは、月曜日、どのような相場になるのか、それにより、ドルを買ったりは、します。ただ、後半は、調整に向けて、多少、ドルが売られるかもしれませんので、すぐに利益が出ていた場合には、約定したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月 1日 (火)

今夜の為替予想

今夜の為替予想

昨日は、多少、利益確定いたしました。

突然ですが、

ごめんなさい。これから、当分、訳アリで更新できません。

ところで、本日から、4月になりました。会社の入社式もあり、みなさんにとって、どのような思いで仕事をしていくんでしょうか?

4月まで内定をいただけなかった人も中にはいます。会社という組織は、内定をいただけない方にとって、どのように思うんでしょうか?いくら、会社を面接しても落とされる人もいるかもしれません。そういった方にとって、本当に内定をいただいてもいいのではないかと見ています。実際、仕事というのは、やってみて分かるようなものだと思います。わざわざ、内定をはずさなくてもいいのでは?

私も実際、あるネットワーク会社を受けましたが、せっかく第一次面接を合格しても第二次で落とさなくてもいいのではないかと思います。だったら、初めから落とせ。と思いました。実際、採用担当の方が言ってましたが、会社と自分とが一致していないということだけでダメだと分かりました。だからといって、はずさなくても。私がどうしても会社を調べて入りたかった会社を落とさなくてもいいのではないのか。今でも怒りがあります。そのために説明会や面接をきぼうしたのにもかかわらず、最終で落とされた経験があります。みなさんはどうでしょうか?

さて、いままでのは、私が、ある会社を就職活動している頃のことです。

本題に入らせていただきます。

これからは、ますます、私自身の都合もあり、毎週、土曜日か日曜日に来週の為替相場予想を更新していきたいと思います。

拝読されている方には、大変申し訳ございませんが、毎日というのは、なかなか厳しいところもありますので、毎週、土曜か日曜日だけに更新さ瀬手いただきます。

ですので、今週の金曜日までは、更新しません。申し訳ございません。

それでは、みなさん、今度の土曜日まで、お楽しみください。

ただ、私自身は、取引は続けていくつもりです。

その結果や、これからの来週の相場を土曜、もしくは、日曜日に更新いたします。

それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »