« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月26日 (土)

緊急な連絡

緊急な連絡

実は、来週から、私は、1週間の仕事の出張になりました。大変みなさまにはご迷惑をおかけしております。

出張先は、国内でありますが、勉強会ということで、仕事に専念しなければいけない事情があり、ブログを1週間、休ませていただきます。

ただ、休んだ後もブログを更新しますが、なかなか仕事が忙しく、ブログを更新し、相場を見ていくのが、かなり、時間が欲しいぐらい忙しいので、たびたび更新しない時期が来ると思います。ただ、仕事先で、相場は必ず見れることはできますが…。

つい、最近、忙しくなってから、本当に相場自体が分からなくなってきまして、相場に対する熱い思いをなかなか言えないのが悔しいです。

しかし、相場は、あくまで、私はこれからの将来のことも考え、取引をし、利益を得ています。そして、皆さんにも今の相場を語っていました。先日は、短期で20万ぐらい稼ぎましたが、相場はこれから難しくなると思います。

ですので、プロ、または経験している方しか利益を得ることができない時期があると思います。そういったときには、無理して、相場には、入らない方がいいかもしれませんよ。

ブログを講読している方には、大変ご迷惑をおかけしています。1週間は、パソコンができない環境に入るため相場はシカトです。

来週の相場は、月末の大幅な利下げをもう1回行うのか、楽しみでありますが、もしそうなるとすれば、相場は落ち着きを取り戻し、ドルが買われる場面が来ると思います。

では、2週間後にブログを更新したいと思います。ただ、更新も2日に1回しか更新しないかもしれません。仕事が落ち着いたときには、毎日、夜には、更新したいと思います。

できたらば、この1週間の相場を特にドル円を毎日、どんな相場になっているのか、どういった相場になるのか、コメントに入れて頂ければ、ブログを更新するときに更新しやすくなります。ぜひ、入れていただければうれしいと思います。

では、取引には、気をつけてください。それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

今後の為替相場

今後の為替相場

今後の為替については、明日、土曜日の夜に金曜の分もブログ更新していきたいと思います。

まことに申し訳ございません。

本日、これから、会社の仕事の同僚たちと飲み会があるためにブログを更新できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

今後の為替相場

今後の為替相場

昨日の為替相場で、ドル円に関して、一気に円高へ104円台に突入しました。しかし、朝方になると、戻に戻りました。そして、106円台に突入。これは、ポジション調整と考えてもいいかもしれません。

本日の日中の日経平均株価は、1万3000円に入りました。しかし、本当に入って安堵がでたのかそれは難しいかもしれません。これは、はっきり行って週末のポジション調整から来る動きになっていると思います。

NYダウも昨日は、ポジション調整から来る動きに見えると思います。

さて、今日の夜のドル円は、どう動くのか。これは、日中は、106円の50銭前後を動いていましたが。テクニカル分析だと意外と下がるようにも見えます。ですので、下がったところ、すかさず、エントリーし、利益を付けることもいいかもしれません。しかし、昨日のようにドルが次の朝に戻るような神経をしてしまうとロスカットせざるを得なくなり、なかなか難しくなると思います。

実は、私は、昨日、調子に乗り、ショートを作って、ドル円を限界まで追い上げて、104円台まで作っていました。多少は、儲かりましたが、最終的には、ロスカットされ、利益も雨の雫(少し)だけです。欲張りましたが、面白い相場が見れて良かったです。

本日は、そういったところを気をつけて相場に挑みたいです。

だけれども、本日は、多少、ユーロ円に注目して、ロンドン時刻から相場の取引をして、さきほど、取引を終えました。実は、仕事が今日は、早く終わりましたので、仕事先で、OKがもらえましたので、自分のパソコンで相場の売買をしていました。利益も上がり、多少、満足してしまいました。利益は、約1時間で短期売買を仕掛け、集中して取引をしまして、合計、25万ぐらいは儲かりました。

しかし、これから、どんな相場になるのか分かりませんので、気をつけて取引をしたいと思います。

本日これからのドル円相場は、まず、経済指標に気をつけて取引をしていきたいと思います。

ZARD Request Best-beautiful memory- Music ZARD Request Best-beautiful memory-

アーティスト:ZARD
販売元:B-GRAM RECORDS(J)(M)
発売日:2008/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

今後の為替相場

今後の為替相場

本日の日経平均株価は、昨日のアメリカの金利の利下げを大幅に受け、相場は、一時落ち着いたように感じます。しかし、明日はどうなるのか。今回の発言を受けとめ、週末まで調整が出てくるかもしれません。それか、横ばいの動きになるかもしれません。

本日のNYダウは、昨日の利下げを受け、相場は落ち着くのではないか見ています。12000ドルに回復するかもしれません。

本日のドル円相場は、昨日の利下げを受け、落ち着くかもしれませんが、日足を見ますと、下がり気味のトレンドが続いています。しかし、昨日の利下げを受けたにもかかわらず、ドル円は、106円の前半に来ています。ですので、午前のブログ言いましたように、株安をただ、止めただけと考えてもいいかもしれません。ですので、今後は、105円台に突入した際には、まだ、FRBの要人発言により、緊急な利下げを行うのではないかと見ています。ただ、105円はないかもしれませんが、104円台に入りましたら、アメリカも黙って入られまいと思いますので、利下げの発言が出てくると思います

左のマイフォトに今後の相場が書いておりますので、ぜひご覧ください。

よって、本日は、105円50銭~107円00銭の間で、相場は動くと思います。いずれも、先週の決算発表がまだ残っていると思いますので、損失の発表には、気をつけていたほうがいいかもしれません。もしかすると、明日、国内、海外とも決算発表が出てくるのではないかと見ています。明日は、損失が出るようであれば、ドル売りが出てもおかしくないです。

ですので、今後は、戻り売りを期待し、107円前後を利用し、ドル売りのポジションを仕掛けてみたい気分です。

さて、本日のある人が残した名言を伝えたいと思います。

楽天家は、困難の中にチャンスを見出す。
悲観論者は、チャンスの中に困難を見る。

ZARD Request Best-beautiful memory- Music ZARD Request Best-beautiful memory-

アーティスト:ZARD
販売元:B-GRAM RECORDS(J)(M)
発売日:2008/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

緊急、今後の為替相場

緊急、本日の為替相場

昨日のNY、みなさんご存知かもしれませんが、アメリカFOMCは、緊急会議を開き、政策金利を0.75%ポイント引き下げて3.5%に設定することを発表されました。これは、金利を大幅に下げることにより、景気悪化や世界的な株安を止めることが目的だったのではないかと見ています。ここ最近下がり気味でした。これが、アメリカは、黙っていられないと思い、金利を下げたのではないかと見ています。

そして、ドル円も一時、107円台に入りました。要するに反発しました。ただ、これが、本当に、株安を止めることができたのか、本当に、このまま持続していけるのか、私は、見えません。それは、これから、アメリカの何らかの決算発表があり、それが、株安を呼んでいるのではないかと見ています。そのために、今回は、緊急金利を下げたのではないかと見ています

そして、また、月末に金利が下げることを準備しているかもしれませんので、もしかすると、月末までは、株安ではありますが、今後月末に近くになるにつれて、金利発表で大幅に利下げするようであれば、株安が落ち着くと思います。

ですので、本日は、夜まで、まずは、様子を見ていったほうがいいと思います。

以上、緊急のブログでした。

又、夜にもブログを更新しますので宜しくお願いします

ZARD Request Best-beautiful memory- Music ZARD Request Best-beautiful memory-

アーティスト:ZARD
販売元:B-GRAM RECORDS(J)(M)
発売日:2008/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

今後の為替相場

今後の為替相場

更新を遅れました。申し訳ございません。宜しくお願いします。これからは、夜、ブログを更新していきたいと思いますので、何かとご迷惑をおかけしております。朝は少しあわただしいときがあり、時間がないので、夜、更新させていただきます。

本日の日経平均株価は、下げてきましたが、まったく、上に行く気配がありません。いったい、どうなるのだろう。ある方が話しておりましたが、1万2千円を割ってしまうのではないかと言われています。

しかし、私は、今月の月末に行うFRBの利下げ問題について、大幅な利下げを行うのであれば、市場は、落ち着くのではないかと見ています。

本日から、NYダウ平均が動きます。しかし、上がるかどうかといったら、上がらないと私は見ています。しかし、大幅に下がり気味が多いので、どうにか本日は、陽線を期待しています。しかし、不安材料がある限りは、下がるところを見ています。

ドル円に関しては、上下激しく動いています。なかなか相場が、動かないのが本当のところです。しかし、先ほど言いました月末のFRBの利下げによっては、相場が落ち着くのではないかと思います。ですので、相場は、とにかく、月末までは、落ち着かない相場になるのではないかと見ています。

ですので、当分は、105円50銭~106円80銭で動いています。これら、どちらか、本格的に動いた方向に、ポジションをエントリーさせてもいいかもしれません。しかし、下げに行くときは、なかなか、下値を重くするかもしれません。最近、下げが気がかりなので、気をつけるべきです。

そして、日足を見ますと、連続下げが続いているのが、かえって相場を難しくしています。ですので、大きく言うと、107円40銭を超えると、ロングにポジションを置くと考えられるかもしれません。しかし、決算発表など、不安材料があるために、やはり、下げる場面が見られると思います。そして、下げる場面が見られるとすれば、おおまかに言うと、105円00銭までは、下がるのではないか見ています。そして、又、ロングが来ると思います。ですので、だいたいは、104円台に入ると、なかなか下げが難しくなるので、104円に近くなったら、ロングポジションを長期で持っていてもおかしくないのではないかと見ています。それは、月末のFRBの利下げが、大幅に利下げをすれば相場も落ち着くからだと思います。

ですので、なかなか神経を使う相場になると思います。そして、取引をする際には、かえって相場を難しくし、損ばかりしてしまうのではないかと見ています。

さて、本日のある人が残した心に残る名言を伝えたいと思います。

迷う、ということは一種の欲望からきているように思う。
ああもなりたい、こうもなりたい、こういう風に出世したい。
という欲望から迷うが出てくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

今後の為替相場

今後の為替相場

本日の日経平均株価は、下げてきました。どこまで下がるのか予想つきません。しかし、ここ最近、下がり気味があるので、一旦は、上がるところが見られると思います。もしくは、横ばいが続くと思います。

また、本日の夜は、NYダウ平均も休みになります。ドル円にも大きく相場は動かない可能性もあります。

しかし、105円に突入した際には、下がり気味が気がかりなので、一旦、上がる可能性もあります。ですので、戻り売りが期待されるかのしれません。

短期的な勝負になるかもしれません。106円のどこかで、エントリーをし、売りに勝負をし、利益をあげるのもいいかもしれません。但し、106円10銭辺りで売りを仕掛けるのは、危ないかもしれません。それは、下値を重くしているのが見られますので、105円に本格的に突入するのは、もう少し時間が掛かりますが、相場には、神経を使うかもしれません。

ですので、仕事をしている方には、損切りのストップを入れて、仕事をしていたほうが、いいかもしれません。

本日のある人の心に残る名言を伝えていきたいと思います。

人間は頭で理解するが、感情で動く。
説得力とは、
とりもなおさず人の感情にストレートに訴えかける術である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

来週の為替相場

来週の為替相場

まず、今週の日経平均株価や、NYダウ平均は、全体的に下がり気味が多かったのが見えます。しかし、来週は、月曜日は、アメリカは、休みになりますが、それ以降の日程だと、FRBの要人発言には、注目です。それから、アメリカの決算発表など、また、終わってはいないので、これからの相場には、売りが出てくるのではないかと見ています。

そして、注目のドル円ですが、今週は、売りが多かった気がします。
来週も同じく相場が見られるのではないかと見ています。また、決算発表が終わりませんので、来週は、要人発言には気をつけ、ドル売りで勝負したいと思います。しかし、下に下がる一方だと、105円台には買い材料がたくさんあるので、下値を重くする可能性もあります。ですので、左のマイフォトのチャートに載っているように、なかなか106円から下は難しいのではないかと見ています。ただ、経済指標など、悪い情報があれば売られる見込みかもしれません。また、戻り売りにも期待したいと思います。

そして、左のサイドバーのマイフォトに今後のチャート、文書を書き込んでおりましたので、ぜひご覧ください。

私的なことですが、今週は、相場の取引をしてきましたが、これから、勝率を1週間に1回、土曜のブログで更新したいと思います。ちなみに今週の勝率は、87.5%の確率で相場に、勝ちました。(利益を上げました)。これからもマイナスが出ないように利益を上げていければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年1月18日 (金)

今後の為替相場

今後の為替相場

さて、本日も、昨日と同様に、仕事の昼休みを利用して、ブログを更新させていただきます。来週の為替相場は、土曜の夜には、更新させて頂きます。

NYダウ平均株価、昨日の夜、メリルリンチの10月~12月までの決算発表で1兆5千億の損失額が出ました。よって、昨日の相場は、戻り売りが出ました。107円台には、入りましたが、短期で、106円台に突入しました。

今後は、このような決算発表がある限り、必ず、損失額が出るのは、私は、当たり前のように見えてきました。それは、やはり、昨年のサブプライムローン問題が出たことです。それにより、損失額がまだ、どこかで、隠れているのではないかと見ています。但し、日本でもそういったことがあります。昨日に三菱UFJフィナンシャル・グループは、500億円の損失額が出ているという話が出ました。
これにより、日本もサブプライムローン問題に直面しなければいけない時期になりますし、いずれは、日本もアメリカと同様に株安が出てくるのではないかと見ています。

Photo_3

ところで、ドル円に関しては、長期を見ますと、もしかすると、これから、決算発表で損失額が見える限りは、106円30銭を本格的に下回ったときには、ドル売りが多発するのではないかと見ています。そして、105円台に突入されるかもしれません。但し、短期では、売られすぎが見られますので、本日の週末までは、下値を重くするかもしれません。又、戻り売りが本日も動くと予想しています。但し、来週以降は、FRBの要人発言などをキッカケにドル売りが出てくるのではないかと見ています。来週は、105円を入るのか、入らないのか注目していきたいと思います。

さて、本日もある人が残した心に残る名言を伝えたいと思います。

真の苦労は人目につかないものである。
目に見える苦労は虚栄心をもっていれば簡単にできる。

虚栄心→自分を実質以上に見せようと、見栄を張りたがる心

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月17日 (木)

今後の為替相場

今後の為替増場

まず、先日、私のブログにトラックバックのところで、相場や経済に関係のないものを入れていた方がいました。入れて頂けるのはうれしいです。しかし、拝読される方を考えると、見苦しいところもありますので、そういったものに関しては、削除させて頂きます。

本題に入らせていただきます。今回は、仕事の昼休みを利用して報告させていただきます・

昨日のNYダウも日経平均株価も下がっていました。

しかし、ドル円の相場は、円高局面が終わり、ドル高になりました。その理由としては、経済指標が前回の数値から、予想をしたのが、思ったより、悪くなかったことです。また、これからのFRBの利下げについてもなかなか難しくなったのではないかと私は見ています。

それで、昨日の相場により、私は、久しぶりに損をした結果になりました。105円を下回ると思い、ショートを仕掛けていましたが、熱くなりすぎました。やはり、経済指標などを考えると行き過ぎも合ったのではないかと私は見ています。行き過ぎもあったのは、自分でも分かっていました。しかし、取引をしてしまいました。よって、欲張りすぎたということです。しかし、損切りはきちんとしておりましたので、損は最小限でした。ですので、今後は、もう少し、相場を考えていくことも大切だと実感しました。昨日は嫌な一日になりましたが、私は、今後もこういったことが出てくると思いますので、しっかり相場を見極めて、たまには相場を休みにし、様子を見たりして、今回のことは仕方がないと思い、反省ノートを書き、次に切り替えたいです。

このままドル高に行くのか、それともドル売りでいくのか分からなくなりましたが、しかし、今後も経済指標が発表されます。それらの経済指標としては、景気の先行指数の発表ですが、私から見ると、もしかすると、いい数値が発表がされるのではないかと見ています。

今回の経済指標が良いのであれば、今後の経済指標もいい発表が出るのではないかと見ています。

しかし、NYダウでは、買いが続かない相場になっています、とにかく、今後の相場は様子見です。取引に無理に行っても仕方がないことです

ですので、無理に言うのであれば、今後のドル円相場は、108円を本格的に超えるなら、ロングポジションを持ち、107円を下回るのであれば、ショートポジションを持つべきです。但し、いずれも、もしかすると、調整するかのように戻る可能性もあります。

さて、今日のある人が残した心に残る名言を発表したいと思います。

幸福は内面的なもの。
どんなものを持っているかではない。
私たちがどんな人間であるかにかかわっている。

グロリアス マインド Music グロリアス マインド

アーティスト:ZARD,Takeshi Hayama
販売元:B-GRAM RECORDS(J)(M)
発売日:2007/12/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月16日 (水)

今後の為替相場

今後の為替相場

本日の日経平均株価は、一段と値下がりしました。今後、どこまで続くのか、注意しなければいけません。これも、日本株を買う材料がない限り下がるのではないかと見ています。
しかし、週末に向け、今後は、下がり気味を調整してくると思います。

また、NYダウ平均も昨日は、シティグループの決算発表が約2兆円に及ぶ損失額が発生し、全面安のドル売りが発生しました。

よって、ドル円も昨日、106円に入りました。今後、106円を下回るとすれば、今度は、104円台を目標に下げてくるのではないかと見ています

ただ、このまま下げるのは、非常にリスクがあると思います。しかし、経済指標などについては、私の予想では、今後、悪い情報があるために、どうしてもドル売りが出るのではないかと見ています。但し、要人発言などが出てくるのであれば、ドルが買われるところが見られると思います。

また、週末にアメリカの経済指標が終わったら、ポジション調整が行われると思います。ですので、週末までは、ぎりぎりでも105円の後半辺りで終わるのではないかと見ています。もしくは、104円に突入するのか、しかし、週末までもう少しなので、来週、悪い情報が出るのであれば、いつかは、104演題が見られるのではないかと見ています。

上値は、なかなか重くしますが、せいぜい、今後は、109円台です。これ以降は、週末までは、上がらないと見ています。

ところで、先日の来週の為替相場のブログで、105円~111円が下の105円までもう少しです。しかし、まさか、こうなるとは思わなかったです。今後もサブプライムローン問題の不安材料が出るためドル売りが出てくるのか。それとも、FRBの要人発言がいい情報になり、ドルが買われるのか、楽しみです。

ところで、私は、今後、みなさんに、これから、

ある人たちの心に残る名言も伝えて行きたいと思います。

人間は誰でも自分がいちばん大切なのです。
そして、そのことを本当に自覚した人間だけが、
自然なかたちで他人を大切に思うことができる。

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻) Book 「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)

著者:J. K. ローリング
販売元:静山社
発売日:2008/07/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

今後の為替相場

今後の為替相場

今日の日経平均株価は、14000円台を下回り、びっくりしています。まさか、下がるとは……。しかし、これは、日本株を買う材料が見当たらないために売られが見られたのではないかと見ています。今後も続く見通しかもしれません。

昨日のNYダウは、相場を見た限りは、もみ合いの相場になっています。
これから、経済指標などに注目しながら、相場は動くと見ています。ですので、まず、乖離幅がでかいので、まずは、上に向かうのではないかと見ています。

ところで、ドル円に関しては、先日のブログで言いましたように107円を割りましたが、やはり、戻り、108円の前半に来ました。これは、売られすぎによる乖離幅がでかいからです。そして、今後は、少しずつ、ドル売りが続くとすれば107円台に本格的に入ってから、ドルショートを仕掛けるといいかもしれません。

ですので、今後は、戻り売りが期待されるかもしれません。経済指標など、注目ではありますが、悪い発表になるのではないかと見られますので、短期的にドル売りが出ると私は見ています。

ですので、当分は、ドル売りです。しかし、このままでは、下値を超えてしまうと思わずな相場になると思いますで、要人発言などあるかもしれませんので、要注意していきたいです。その時は、ここ最近下がり気味なので、ドルが買われる場面が出てくるのではないかと見ています。

自分のポジションが約定した場合は、損切りも入れて置いたほうがいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月14日 (月)

今後の為替相場

為替相場

本日の日経平均株価は、休場のためお休みになっています。

今後のドル円については、私は、110円を本格的に超えない限り、ロングポジションを持っていくことは難しいのではないかと見ています。

また、下は、短期的を考えると、108円40銭でドルショートポジションを置くのもいいかもしれません。ただし、月足や週足を見ますと、下がり気味というものが見られています。

ですので、今後は、107円を下回ったときは、売られすぎに気をつけるべきです。ここで、悩んだ場合は、経済指標などに注意して、相場を取引すべきだと思います。又、上には、110円を本格的に超えない限りは、見えてこないと思います。

経済指標など、決算発表など、悪い数字が出るようであれば、、ドルショートが仕掛けられると思いますし、リスクを最小限にしたいのであれば、戻り売りを仕掛けるのも悪くはありません。

例えば、OCOを使い、指値を109円50銭で売りをし、逆指値で108円の40銭で売りを使うのもいいかもしれません。そして、もし、109円50銭で約定した場合は、損切りは、110円50銭ストップし、又、108円40銭の場合は、109円50銭で損切りを仕掛けるのもいいかもしれません。利益は、それぞれ、30銭ぐらいで利益を確定してもいいかもしれません。相場は、どうなるか分からないので、利益を確定できる範囲で利益を得るべきだと思います。損はするべきではないので、早めに利益確定する考えでいるべきです。あのサブプライムローン問題で損をした人は、損切りを考えないで、やってしまった結果損したと見ていますので、絶対に損切りを入れるべだと私は見ています。

注意!これらは、私がこの数字のように取引はしておりませんが、やり方は、OCOを使い、取引をしています。ただ、このようになるとは思わないでください。お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年1月12日 (土)

来週の為替予想

来週の為替相場予想

昨日の日経平均株価は、一段と下げてきました。また、NYダウも下げてきました。来週は、なかなかどういった相場になるのか私は予想もつきません。下げ幅も拡大し、乖離幅もでかい。これ以上何も言えませんが、経済指標など、様々な分析によれば、いい方向に向かうという面があります。しかし、アメリカの情勢は、ここ最近は、不安など解消しきれないことがたくさんあります。そういった中で、来週の決算発表や経済指標には、目を熱くしなければいけません。

私としては、最近利益が上げておりますが、来週だけは、なかなか自信の出ない相場観になると思います。

しかし、注目とされるアメリカにおいては、決算発表がいい方向に見られるかもしれないとテレビなど情報では話しておりますが、しかし、私は、サブプライムローンの損失額がまだ、たくさんあるのではないかと見ています。

ですので、ドル円に関しては、一旦、上がるかもしれませんが、戻り売りで、ドル売りが多発しやすい相場になると見ています。

しかし、FRBなどの要人発言などを受けて、いい情報が入りましたら、これは、ドルを買われる面もあると思います。相場は、105~111円の相場になると思います。

これは、必ずこうなるとは思いません。なかなか難しい相場になり、突破的な相場になると予想しています。

私は、最近、利益を上げておりますが、私自身の仕事の多忙スケジュール調整が入っており、なかなかブログを更新できない時期があると思います。できれば2日に一回は、更新していきたいと思いますが、ただ、毎日更新して欲しいという方がアクセスされいっぱいいるのであれば、できるだけ毎日、夜には、更新するとは思います。

ブログを初めてまだ、短期間ではありますが、アクセスされた方(約7千人の方)に、拝見していただいておりましたが、私の事情もますます、忙しくなるため、まことに恐縮ですが、ご了承願います。

これからもブログを拝読していただけるようにできるだけ更新していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

本日の為替相場

本日の為替相場

昨日の日経平均株価は、14388円11銭(-211円05銭です。やはり、昨日のブログで言いましたように横ばいの動きになってきました。ところで、本日はどうなるのか。これも、本日は、横ばいが続くと見られます。ですので、週末までは、横ばいで考えられると思います。来週から本格的に上にいくのか下に行くのかはっきり分かると思います。私の予想としては、乖離幅もありますので、上に行く可能性もあると思われます。下は、なかなか輸出企業もダメージが大きくなりますので、下値を重くした相場になるではないでしょうか。

また、NYダウ平均は、12853ドル09セント(117ドル98セント)です。やはり、昨日のブログで言いましたように、上げてきました。しかし、本日は、夜に貿易収支の発表があります。情報が悪ければ、下がるんではないかと見ています。しかし、まだ、乖離幅もでかいので、なかなか下がるとは難しいところです。ですので、上がるか、もしくは、横ばいがあると思い、週末を向かうと思います。

さて、注目のドル円ですが、昨日言いましたように、110円台に入りましたが、なかなか上値を重くしました。やはり、110円を本格的に超えるためには、なにらかのエネルギーというものが必要なのではないかと見ています。しかし、本日は上がると見ていません。それは、本日の夜の貿易収支の発表があるからです。弱めの発表によっては、ドル売りが出てくるのではないかと見ているからです。ですので、110円を超えるためには、なにらかのエネルギーが必要です。

ですから、本日の相場は、戻り売りのポジションを置いてもおかしくないのではないかと見ています。ただ、週末とあって、相場は、一度下げたら、多少、ポジション調整が来る可能性もあります。ですので、109円の前半辺りで、週末を向かうと思います。来週は、米国の決算や経済指標など、様々な発表がありますので、それに向けて取引をしてもいいかもしれません。

まだ、ボンド円やユーロ円もドル円に続くと見ています。しかし、ボンド円に関しては、214円を本格的に下回ったら、売りのポジションを置くのもいいかもしれません。しかし、戻り売りで考えて欲しいところです。売りになった後に週末なので、ポジションを調整するかもしれません。

ユーロ円に関しても先日の来週の為替相場予想で言いましたように、159円より、下にいかなく、あくまで、20日移動平均線に向かって上がっています。これは、ですが、本日は、横ばいかもしれません。少し上がり気味かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

本日の為替相場

本日の為替相場

昨日の日経平均株価は、14599円16銭(70円49銭)です。多少上がりましたが、相場を見ている限り、横ばいの動きになっています。本日も横ばいが続きそうです。ただ、悪い材料が来たら、下がりそうな予感もしてきます。しかし、下がると、輸出企業などにダメージが来ますので、なかなか下値を重くするかもしれません。

また、NYダウ平均は、12735ドル31セント(146ドル24セント)です。これも昨日のブログで言いましたように、乖離幅もでかいので、本日も上がると見てもいいかもしれません。

さて、ドル円相場なのですが、110円台に入りましたら、先日の8日に、ブログで言いましたように109.90円を本格的に超えることになったら、買いのポジションを置いてもいいかもしれません。それは、ここ最近の下がり気味を修正するかのように111円台に向かう可能性もあります。ですが、長期で見ますと、ドル高になるためには、なにらかのエネルギーが必要かと思われます。ですので、111円台に入りましたら、そこから、又、反落がくるのではないかと私は、見ています。

又、ユーロ円もボンド円もこれに続き、悪い情報がなければ、ロングポジションを置いてもおかしくはないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

本日の為替相場

本日の為替相場

昨日の日経平均株価は、14528.67円(28.12円)です。昨日のブログで言いましたようにジリジリ上げています。ただ、横ばいのような相場です。

又、NYダウ平均は、12589ドル07セント(-238ドル42セントです。昨日のブログで言いましたが、12800ドル台を下げてきました。どこまで下げれば気が済むのか分かりません。しかし、乖離幅もでかいので、本日は、多少上がると思いますので、このまま下がっていくとは思いません。

本日の相場は、材料はありませんが、昨日のドル円のポジションを維持しながら、いたいと思います。

ただ、本格的に110円台に入りましたら、横ばいが続くと思いますので、入ったら、相場観も少し様子をみて、考えていたほうがいいかもしれません。

それは、今後のFRBの利下げ問題、金融の決算発表があるために、これからは、、ここ最近、下げた分の修正を仕掛けてくるのではないかと見ていますので、どちらに動くか、取引をするために調整をしなければいけないと思います。

ですので、本日は、とりあえず、ドル円108円台に入りましたけど、本格的に入らない限りは、売りのポジションを持っていくことは、難しいと思います。なぜなら、最近の下がり気味が気になるからです。だから、少々ドル高に動くとは見ています。それに続いて、ユーロ円もボンド円も動いてくると思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

本日の為替相場

本日の為替相場

昨日の日経平均株価は、14500.55円(-190.86です。下げてきました。しかし、長期の相場を見てみますと、上がったり、下がったりしています。ですので、ここ最近、5日平均線が15日移動平均線より下に行っています。もう少し、14000円に近くなったらば、下がり気味なので、一旦、上がる可能性もありますが、世界が不安な状況である以上は、下がるのではないでしょうか。もし、14000円を下回りましたら、13500円を目標に下がると予想しています。しかし、来週からアメリカでは、決算発表が本格化します。ですので、目先は、下がり過ぎた相場を修正するかのように上げてくるかもしれません。ただ、本日は、横ばいが続くと見ています。

又、NYダウ平均は、12827ドル49セント(27ドル31セント)です。

多少、昨日のブログで言いましたように、乖離幅が大きいのが気がかりだったので、上がりました。しかし、12800ドルを本格的に下がりましたら、次は、どこまで下がるのかは、分かりませんので、下がり気味なのが、気がかりですが、一旦上がる場面が見られると思います。また、先ほど言いましたように、来週から本格的にアメリカの決算発表が出てくると思いますので、下がりすぎた相場を修正する可能性もあります。ですので、本日は、上がる可能性もあります。ただ、サブプライムローン問題など、不安材料がありますので、長期では、下がるのではないかと見ています。

本日もあまり、ドルに関しての経済指標などの発表は、ありませんが、ユーロなど、ヨーロッパの経済指標に注目です。
経済指標におきましては、ユーロ圏小売売上高の発表がありますが、いい方向であれば、ユーロ高になる可能性もあります

ですので、それにつれて、ドル円もドル高になる可能性もあります。

又、昨日ブログに載せたポジションなのですが、ドル109.50銭で売りのポジションが確定し、109.00で買いを入れ、利益を確定しました。又、他にもポジションを置いていたものも確定し利益を上げました。

それでなのですが、本日の相場は、ドル円は、108円台に本格的に入らない限りは、売りのポジションは難しいと思います。そして、来週からアメリカの決算発表が出てきますので、それを修正した相場が来ると思います。よって、111円台ぐらいまでは行くと思いますが、決算発表もありますので、上値を重くすると思います。ですので、109.90を超えたら、買いのポジションを置いてもいいかもしれません。

もしかすると、当分は、横ばいが続く可能性もあります

突破的な相場には気をつけて取引をしたほうがいいかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

本日の為替相場

本日の為替相場

本日は、先週、下がり気味だったのが気がかりでありますので、まずは、様子を見て、明日から勝負をしたいと思います。

実際には、月曜日というものは、週の初めなので、難しいと思います。

ですので、まず、先日の来週の為替相場で言いましたように、本日の相場は、ドル108円を本格的に入った場合は、下げる見込みで考えていったほうがいいかと思います。
そして、要人発言など、いい情報がニュースに流れない限りは、売りに入ってくるのではないでしょうか。

ただ、売られすぎというものも気をつけてください。ここ最近、ドルが売られています。

しかし、金融や商品市場で世界的に、米国で利下げが行われるという噂が流れています。ですので、FRB(米連邦準備制度理事会)はFOMC(連邦公開市場委員会)を今月下旬に開きますが、0.5%の大幅な利下げをしない限りは、ドル売りが、さらなるドル売りを招くのではないかと私は見ています。

ですので、先日言いましたように、一旦、上げてくる場面があるかと思いますので、辛抱強く待ち、上げてきたところを見て、そろそろ下がると思ったら、どこかで、売りのポジションをうまく取引したほうがいいかもしれません。

今週は、要人発言などいいニュースがない限り、売りのポジションを中心に行きたいと思います。

本日は、とりあえず、様子見で相場を見ていますが、107円20銭より下回ったら、売りのポジションを考えています。しかし、一旦、上がるところも考えるとすれば、109円50銭でポジションを売りにおいてみたいと考えています。
この取引は、1週間をめどに考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

来週の為替相場予想

来週の為替相場予想

昨日の日経平均株価は、14691.41円(-616.37です。昨日言いましたように、NYダウ平均と同じく下げてきました。しかし、ここ最近下げていたので、上がると予想していましたが、雇用統計の結果、悪い発表があり、やはり、下げてきました。その原因としては、原油の話題やサブプライムローン問題の損失額の噂が出てきたからだと思います。
そして、来週は、売られすぎの相場が出ていると私は見ていますので、前半は、反発し、又、下落していくのではないかと見ています

又、NYダウ平均におきましては、12800ドル18セント(-256ドル54セントであります。
いつになれば、サブプライムローン問題が解決できるのか。正直分かりませんが、今月の中旬かもしくは、下旬にアメリカ大手銀行の10~12月期の決算発表が来る予定でありますので、それに向けて、ドル円の相場も中期で調整して来るのではないかと思います。ただ、今回、10~12月の決算発表は、あまり良くないように私は見ています。それは、その時期にサブプライムローン問題が発生し、多額の損失が出ました。それにより、ドル売りが出てくるのではないかと私は見ています。しかし、そこで、もし、又、損失が出るようであれば、解決策をアメリカでは考えなければいけないと思います。解決策を終わるには、まだまだ、時間が掛かると見ておりますので、2008年の相場予想で言いましたように、前半は、ドル売りが人気になるのではないかと思います。

そこで来週の為替予想ですが、経済指標としては、アメリカの11月の中古住宅販売件数や貿易収支の発表があります。それに向けて、相場は動くと思いますが、しかし、問題の不安などがあり、解決するためには、FRB(米連邦準備制度理事会)のFOMC(連邦公開市場委員会)で要人発言をしない限りはドルも売られが続くと見ています

よって、相場は、ドル円108円を下回りましたら、ドルショートを仕掛けてもいいと思います。しかし、売られすぎもありますので、一旦は、ドル買いが来るかもしれませんので、乖離幅に気をつけ、相場に挑むべきです。

ドル円は、106~110円の相場になると予想しています。
ユーロ円に関しては、159を下回ったら、どこまで、下がるか予想がつきませんが、もしかすると、下値を重くするのではないかと見ています。ですので、来週の経済指標には、注目が集まると見ています。来週の経済指標は、ユーロについてたくさんの発表があります。注目です。

又、ボンド円におきましては、ここ最近、売られが多いのが気がかりですので、一旦、買いに転じると見ています。ですので、ドル円と同じ動きになると見ています。相場は、210を下回ったら、ショート(売り)ですが、210~225の相場になると私は、見ています。

しかし、何かとはっきりしない相場です。私自身もイライラしています。日本は、そんなに悪くしていないのに、なぜ、こんな目になるのか。低所得者にとって、本当に痛いです。そして、これから、高齢化も増える一方、このままでは、危ないです。なんとか、日本が景気よくなることをみんなが、安心して生きていける時代をトップが、考えていただきたいです。

日本の市場には、年初から不安が漂っています。誰かの発言によりますと、もしかすると、100円を下回る日が来るのではないかと発言しています。市場全体にも影響しますし、いわゆる、輸出企業に大きいダメージが出てしまうのではないかと見られます。私は、その日が来たら、日本全体、いわゆる、コスト削減、そして、人件削減など、日本が戦後最大の不景気が来るのではないかと恐る恐る見ています。そうならないように、日本のトップは考えているかもしれませんが、本当に不安な年になるのではないでしょうか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

本日の為替相場

本日の為替相場

本日から、日本の市場が動きます。どういった相場になるのか楽しみです。ただ、本日は、下がり気味の相場になる展開だと思います。アメリカでは、NYダウ平均が下げられたため、まだ、原油が高い情報が流れたため、本日の日経平均株価は、とりあえず、下がる見込みで見ています。

又、昨日のNYダウ平均は、13056ドル72セント(12ドル76セント)である。ここ最近下がり気味だったのが、一旦上げてきました。しかし、本日、夜、雇用統計の結果次第では、悪い情報であれば下がる見込みだと思います。しかし、12月のアメリカを見てみますと、クリスマス商戦もありましたし、いい情報が入っているのではないかと見ています。よって、私は、上がると見ています。

さて、ドル円なのですが、昨日のブログで言いましたように、一旦、ドル高が見られました。日足の乖離幅も気がかりだったのが、私は、見ていました。
それが、きっかけで、ドル高になりました。
本日は、ここ最近下がり気味なのが気がかりなので、アメリカ市場もいろんな悪い情報があり、ドル売りと見てみたいのですが、ここ最近、相場は下げている相場が見られています。そして、取引をしている人も、相場を見ている限り、ここ最近売られているように相場をしているように見えますので、もしかすると、週末のポジション調整をするかのように本日の雇用統計は、いい情報が入ってくるのではないでしょうか。
ですので、ドル高と私は見ています。

よって、それを追うかのように、ユーロ円、ボンド円も相場が動いてくると思います。

ですが、急な相場には気をつけてください。

私は、本日は、取引はしません。週末であることから、ポジション調整が見られるのではないかと思いますので、どうなるか分かりませんが、この週で、できるだけ、利益を上げることができたので、本日は、見ているだけで、取引はしません。来週、取引をしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

本日の為替相場

本日の為替相場

本日の夜から、次期米大統領選の民主、共和両党の候補者指名争いの幕開けとなるアイオワ州党員集会が3日夜開かれる。11月の大統領に向け、注目である。

昨日の日経平均株価は、休場。NYダウ平均13043ドル96セント(-220ドル86セント下がりました。1月1日にブログで言いましたように、12800まで、もうすぐかもしれません。

さて、相場は、どうなのか?

本日のドル円におきましては、やはり、昨日のブログで言いましたように、110円を下回り、ドルショート(売り)になりました。もしかすると、サブプライムローン問題の再発が起きるかもしれません。

これからは、まず、明日の4日の雇用統計に注目が集まると思いますので、相場は、これをにらんだ動きになると思います。

ボンド円やユーロ円に関しても、ドル円に続き、下がりました。

私自身もとりあえず、チャンスかな~と思い、相場を挑んでみました。1月1日から取引を挑んでいました。予想通りになりました結果、ユーロ円に関することもドル円に関しても利益を上げることができました。ですので、4日の相場は、私は、取引はしません。せっかく、利益を上げたので、欲張りせずに、様子を伺いたいと思います。しかし、チャートを見た限りでは、ここ最近は、下がり気味が多いのが気になりますが、明日の雇用統計に次第では、ドル高方向に向かうと思います。そして、乖離幅も高いのが気がかりですし、一旦、ドル高になる可能性もあります。しかし、本日は、とりあえず、円高方向だと思いますが、明日になると、雇用統計の結果次第では、ドル高になる気はします。乖離幅がでかいので。しかし、これが絶対と言うわけではないので、急な相場には、気をつけてたほうがいいかもしれません。又、先月は、クリスマス商戦もありましたし、失業率の結果は、いいのではないかと思いますが、世間では、マイナス的なことがありますので、ドル売りが出てくるのではないかと思います。ですので、もしかすると、本当にあのサブプライムローン問題の再発が出てくるかもしれません。その時は、108円を割るようだと、105円台まで来るかもしれません。

初めは、様子を見ようかと思いましたが、チャートを見た限り、こちらに動くと思い、取引し利益を上げました。しかし、今後、来週の相場はどうなるのかは分かりませんが、まず、様子見で、本日は、いたほうが、いいかもしれません。そして、週末を向かったほうがいいかもしれません。

しかし、何かチャンスがあれば取引に入ったほうがいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月 2日 (水)

本日の為替相場

本日の為替相場

本日から、いよいよ始まりした。先日、2008年の為替相場予想で言いましたように、サブプライムローン問題や金融機関の解決など、いろいろな情報が今年は待ち受けています。こういったことを気をつけ、相場に挑まなければいけません。

さて、ドル円に関することなんですが、月足で見ますと、まだ、一段と、下げていく予感はしますが、これ以上、下げてしまうと、輸出関連会社もダメージが大きくなってしまいますので、ここは、20日移動平均線に向かって、ドル高になってほしいぐらいです。
短期間では、ボンド円の週足と日足を見て見ると、分かりますように、ここ最近は下がり気味が多いので、一旦、ボンド高になるのではないかと見ています。それを受けて、ドル円も上げてくるのではないかと見ています。ですから、ドル高傾向で見てもおかしくはありませんが、今週は、4日のアメリカ雇用統計をにらんだ取引になるかもしれません。雇用統計と言いましても、12月のアメリカは、クリスマス商戦もありましたので、いい結果が来るのではないかと見ています。

ですから、ボンド円も含めて、ロングポジションを置いてもおかしくないと見ています。ただ、ドル円に関しては、110円を下回った場合は、ショート(売り)のポジションを置いたほうがいいかもしれません。いわゆる、サブプライムローンの再発が来るかもしれません。

又、ユーロ円に関しては、月足を見ますと、ここ最近は、上がり気味です。少し、下げてもいい場面が来てもおかしくないと思います。ただ、ユーロドルが、月足で乖離幅も含めて、上がり気味が気になりますので、ドル円では、ロングが来てもおかしくはありませんが、ユーロ円に関しては、ユーロドルとここ最近は、同じ方向に動いているので、ショート気味に考えていいと思います。

ですから、ドル円、ボンド円は、ロングポジション、ユーロ円は、ショートポジションを置いたほうがいいかもしれません。

くれぐれも経済指標には気をつけて相場に挑んだほうがいいです。注目は、4日の雇用統計が注目され、それをにらんだ取引になると思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

本日の為替相場

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。

さて、本日の為替相場ですが、

昨日(去年)のNYダウ平均は、13264.82で(-101.05です。やはり、15日移動平均線を下回りました。サポートラインもありますので、今後、下に下がった場合は、12800ぐらいまで、下がると見込みです。

本日の、相場は、全体的に休場なので、相場は動きませんが、ドル円、ユーロ円、ボンド円など、上下の激しい相場になると思います。

昨日、ドル円は、一気に下げてきました。今後は、まず、様子見ですが、とりあえず、111円の前半までは、下がると思います。そして、いままで、サブプライムローン問題から上げてきたものをポジション調整するかのように下げてくると思います。ただ、109円台になりますと、下がり気味になりますが、ここで一旦、下落は終わり、上に上がると思います。ですから、もみ合い傾向になるとは思います。そして、月足を見ますと、今月は、上がり気味が多くなるのでないかと予想しています。ですから、115~110円台の相場になると予想です。

ユーロ円に関しては、先日、ブログで言いましたように、20日移動平均線に向かって下がりました。月足を見ますと、ここ最近は、上がり傾向なので、下げてもいいかもしれません。そして、20日移動平均線に向かって下がればいいと思います。ですから、163~158円台ぐらいまでが、今月の相場の動きになると思います。1時間足で見ますと、乖離幅が大きいのが多少、気になりますので、短時間では、上がりになりますが、あとは、20日移動平均線に向かって下がると見ています。

ボンド円に関しては、難しい相場ですが、まずは、もみ合い傾向が続く見込みです。ただ、短期間を見ますと、1時間足は、乖離幅も大きいので、223.10までが上がりますが、そこから、まだ、反落するのではないかと見ています。しかし、週足を見ますと、20移動平均線に向かって、上げてもおかしくない状況です。

しかし、今月は、くれぐれもサブプライムローン問題の不安などがあるため、もう一度、あの、11月の相場に戻る予感もしますので、できるだけ、取引の際は、損切り、もしくは、逆指値を入れて取引をし、損を大きくしないほうが、いいかもしれません。万が一のため。

くれぐれも、絶対に相場が、そうなるとは、限らないので、取引は、気をつけてください。

とりあえず、相場が本格的に動き始めるのは、1月4日からだと思います。

ですから、それまでは、相場をゆっくり眺めるのも良し、親戚と雪合戦や世間話をするのも良し、コタツにもぐり、みかん食いやお餅を食べるのも良し、とりあえず、相場は、ゆっくりみていければいいと思います。

みなさん、お餅を食べて、喉に詰まって、病院雪(行き)は、よしてくださいね~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »